• (s)ynergetics

水瓶座時代のイノベーション





本日21日(フランス時間)

いよいよ冬至&グレートコンジャンクションがやってまいりました!

最近の宇宙さん、本格的な水瓶座時代へと向けて

ドッカンドッカン浄化を促していますが

木星と土星が水瓶座へと抜け、

冥王星が山羊座にぽつねんと一人残されております。

そして2026年ごろまでまだまだ宇宙の大イベントは続きます。


今年のウイルス騒ぎから始まって、

社会システム、金融システムの崩壊が起きている現在。

(宇宙のアジェンダ通りなんでしょうけど)

山羊座が象徴する「ピラミッド」「権力」「システム」

の基盤が崩れていこうとしています。

水瓶座時代にあたって、

過去2000年魚座時代から続いたシステムのリノベーションが起きるということです。

しかしながら、ピラミッド社会というものが地上からなくなるわけではありません。

なにを基盤にシステムを作っていくのか、

それを今生きている地球人たちの意識で構築していくということ。

そしてそれが後世の人々に影響を与えていく。

だとしたら、どんな世界を作りたいでしょうか?


これから徹底的に人類が捨てていくものの一つとして

優劣の概念

というのがあるかと思います。

なぜなら、水瓶座はすべての垣根を取っ払って

宇宙みな平等

という概念を持つからです。

つまり、比較対象を持たずに

たましい一つ一つが、個であり集合体であり

自我を超越する存在である

という認識の時代に突入するからです。

自己承認欲求も、

優越感も、

優れている、劣っている、という概念があることによって生まれる。

劣等感に苦しむことをやめたければ、

そのマトリックスから抜け出すと決めればいい。

魂に染み付いたさまざまな思い癖、

感情・思考パターンから足を洗うというのは、

そのカルマに気づき、グルグルから脱却するということ。

なぜそのパターンを繰り返してきたのか

なにを学ぶためにそのパターンにハマってたのか

腹の奥の奥まで見にいって俯瞰することができたら、

ぐるぐるから抜け出すことができる。

蛇足ですがこれめっちゃおもろいです。


「被害者意識」というのも同じ。

傷ついた、

苦しかった、

悲しかった、

本当は愛されたかったのに!!!

ほんとうは甘えたかったのに!!!

インナーチャイルドちゃんは存在に気付いてあげるまで

ドラマクイーンを続けます。

加害者と被害者

あるいは、

支配者と依存者

というマトリックスの中でずっと苦しみ続けます。

ほんとうは誰も加害者じゃないし、被害者じゃない。

でも、誰かのせいにするのってラクなのよ。

楽しいのよ。wwww

依存者は支配者に依存し、

支配者は依存してくれる人に依存し、

つまりどちらも同じってこと。


被害者でいつづけようとする限り

優劣、比較の概念の中にいつづける限り

二元性の光と闇のゲームを終わりにすることはできません。

すべての苦しい体験は、

すべて愛を学ぶためにあった。

すべて愛に変えることができると気づくためにあった。

と思います。


マウンティングマウンテンの孤高のOLも

ドラマを撒き散らすインナーチャイルドちゃんも

たましいが必要とした学びがあって体験しています。

自我を超越するということを理解した時、

そしてゲームを終わりにしたいと決めた時、

その学びを知ることができると思います。

みなさまの今置かれた状況、環境、人間関係、さまざまだと思いますが、

なにを学ぶために体験しているのかという視点に立って観察していただけると、

人生に起きること全てに、

深い深い安心と感謝に変えることができると信じています。


残り少ない2020年、

みなさまにとって穏やかな愛に包まれた日々となりますように。