• (s)ynergetics

双子座の部分月食〜冬至




「世界は二極化が進んでいる」と言われている昨今。

星の動き云々とは関係なく個人的にですが、

10月ごろに、宇宙がガッチャンと切り替わって

『世界が分かれた』と感じました。

私たちの意識は多次元を生きています。

無数にある選択肢、タイムラインも、

意識がフォーカスして生きている世界によって、

これまでは交わることもあった世界が、もう交わらなくなってきている。

簡単に言うと、

切れかけていたご縁はさらに遠のき、

これまで繋がっていたご縁でも方向性や波動が違う人は

パックリ、スッパリ、分かれていく。

このエネルギーの大きな切り替わりのなかで、

アクションよりも内観の必要を感じたので

10、11月はインプットとアウトプットを避けて観察することを心がけてみました。

シフトしていく変化を感じながら

内側で起きている違和感を確認しながら整えていく。

注意深く様子を見て、その都度新たにプログラムし直していくことは

「今」の自分を尊重することだと思っています。


.

.

あまり世間では騒がれていませんでしたが、

11月13日に冥王星と木星が今年2回目のコンジャンクションをしまして、

15日の蠍座新月に伴いインパクトがおきそうな流れでした。

新月メッセージはこちら

そして双子座の部分月食に続き

12月14日に射手座の日食があります。

2021年は、双子座と射手座で食が起こる年ですが

(毎年食が起こる星座はずれていきます)

その始まりとなるわけです。

食のポイント(ドラゴンヘッドとテイル と言います)というのは

人や場所とのご縁や、カルマ、遺伝的パターンなどにまつわるポイントなのですが

ちょうどこの1ヶ月前後は

・古いご縁が切れる、新しいご縁が入ってくる

・カルマやパターンを浄化し断ち切るための出来事

・魂が求め、引き寄せ合う出会い

などが起きやすい時です。

そして来年の5〜6月、さらに12月ごろにむけて

次の展開、発展へと続いていくと思います。

カルマや繰り返したパターンというのは、

無意識に陥っているのでなかなか気づけないことですが、

繰り返すうちに少しずつ、

「おや、おかしい。ちょっと待て。」となるわけです。

そしてなにを学ぶために繰り返していたのかを学ぶことができた時

意識的に終わらせることができ、魂は進化成長していきます。

テーマによっては感情が揺れ動いて

なかなか静観することができなかったり

しっかり意識できていないとまた繰り返す可能性もあるから

アファメーションなどで意識し続けることが大事です。

そしてうまくいけば感情のゲシュタルト崩壊が起きて、

パカーン!と制限から抜け出していくことができる。

今はほんとうに多くの人が

現状を変えてパターンを抜け出したいと願っているのを感じます。


そして12月17日に土星、続いて19日には木星が水瓶座入りし、

21日冬至、22日に土星と木星のコンジャンクションが起こります。

いよいよ風の時代となっていきますね。

(正確には風と土ミックスの時代ですが)

土着的な生き方から、より宇宙的な生き方へと人類がシフトしていく時。

しがらみや執着、ごちゃごちゃと使い古した思考、感情、価値観など

今の自分にフィットしないものは12月の中旬までに

できる限りどんどん脱ぎすてていきましょう。

そして軽やかな気持ちで風の時代を迎えることができますように。