• (s)ynergetics

ヒプノセラピーの後どうするかの話


今回は、1回250ユーロもするヒプノセラピーの効果を

最大限に引き出すためのアドバイスです。


(高くてすんません!もう少し手を出しやすい値段にするべく試行錯誤中です)

ヒプノセラピーのセッション後、いろいろな変化が起きます。

心地よいものばかりではなく、違和感や我慢できていたことが我慢できなくなるなど、

不快なこともあります。

だけどせっかくの変化を顕在意識が受け入れず

元に戻ろうとする意識に流されてしまうと効果を最大限に生かせません。



セラピーの中で手に入れた学びや気づきを「意識し続ける」ことが大切なのです。

具体的に、不眠、喫煙、恐怖症などは、

そのターゲットにわかりやすい改善が起こるので良いのですが、

インナーチャイルドセラピーや前世療法では

感情の解放のプロセスが始まるので、

扱う感情によってわがままになったり本音が出たりする場合があります。

いわば泥水の中に潜ってほじくったわけですから、

泥の中に沈んでいたものが出てくるわけです。


行動を制限する感情や思考の癖を、

もっとクリエイティブでポジティブで未来的で自由なものにデザインし直そうとした時に、

残念ながらセラピーを一回したぐらいでは人生が激変することはありません。

30年、40年、50年積み重ねてきたパターンを崩そうとしてるのですから。



だけどお高いヒプノを年がら年中受けるのもバカらしいし、どうすればいいか。

年に1〜数回メンテナンスすることはもちろんおすすめですが

それよりも何よりも、

自分を俯瞰する癖、

自分で自分の機嫌をとる癖を持つことです。

誰しも星の影響や体調の影響によって、

元気な時もあればだるいときもある。

イライラする時もあれば、イジイジいじけたい時もある。

憎しみが湧くこともあれば、泣きたいこともある。

その感情を思考でなんとかしようとする必要はなくて、

ただ感じてみる、俯瞰する。

そして日記をつけるなど、

思ったこと、感じたことを振り返って書いてみるのです。


例えばインナーチャイルドセラピーをしたのであれば、

瞑想する習慣のある方は、

瞑想の中でインナーチャイルドちゃんに話しかけてみるのも良いし、

瞑想できませんという方は、

生活の中でインナーチャイルドちゃんに話しかけてください。

不機嫌な時、不安な時、悲しい時、特にやってみてほしいです。

どうしたの?と話しかけてみると、少しずつ心が応え始めます。

ノートに書きながらやってもいいし、心の中で話しかけても。


セラピーで行なったように、胸の中にいるインナー ちゃんに優しく話しかけてください。

すっごい怒ってるかもしれないし、

ふてくされて無視するかもしれないし、

寂しくて泣いてるかもしれないし、

めっちゃ笑ってるかもしれません。


根気強くよしよしして(自分の体を摩ったり)

子供をあやしながら心を開いて話してくれるのを待ちます。

そして、かけてあげたい言葉をかけて

様子を見ながらインナー ちゃんが求めていることをしてあげます。

イメージは、

子供の頃お母さんにしてほしかったことをインナー ちゃんにしてあげるのです。

インナーチャイルドセラピーを受けたことがない方も、

ぜひ定期的にやってみてください。

自分の機嫌は自分でとる。

愛する旦那や彼氏にしてもらうのとはまた違う、

何ものにも変えがたい深い癒しになります。


続けることで自己肯定感、安心感、信頼、直感力が高まっていきます。